information 最新情報
最新情報

「GTMニュース ‐会計実務‐
2021年3月期決算で留意すべき事項について」をお届け致します

 

GTMニュース_2021年3月期決算で留意すべき事項について

今回の「GTMニュース -会計実務-」では、『2021年3月期決算で留意すべき事項(特に「会計上の見積もりの開示に関する会計基準」)について』を取りまとめました。
本ニュースにおいては、「2021年3月期決算において新たに原則適用となる会計基準」の概要を記載し、そのうち昨今のコロナ禍もあって影響の大きいと思われる「会計上の見積りの開示に関する会計基準」について詳述いたしました。「会計上の見積もり」は会計ビックバン以降、固定資産の減損会計、退職給付会計基準、資産除去債務、税効果会計基準等その重要性は増しているものの、財務諸表に計上する見積り金額の合理性については、その見積りの方法や、見積りの基礎となる情報の入手可能範囲等様々なので、財務諸表利用者にとっては分かりづらい状況に有りました。
このため翌年度(以降)の財務諸表に重要な影響を及ぼすリスク(有利となる場合及び不利となる場合の双方を含みます)があると会社が認識する項目については、そのリスクについて財務諸表利用者が分かるように注記を行うことになったものです。
このように今回のGTMニュース-会計実務-では、「会計上の見積りの開示に関する会計基準」を中心に、2021年3月期の決算においてご留意いただく事項をまとめさせていただいておりますので、ご活用賜れば幸甚に存じ上げます。