information 最新情報
最新情報

「GTMニュース -税務実務-民法(相続法)の改正~遺言制度に関する見直し~」をお届け致します

GTMニュース_民法(相続法)の改正~遺言制度に関する見直し~

今回の『GTMニュース -税務実務-』では、「民法(相続法)の改正~遺言制度に関する見直し~」第4弾をお届けいたします。
平成30年7月6日に成立した「改正相続法」につきましては、「改正の意義と概要」、「配偶者居住権の基礎知識」及び「遺産分割に関する見直し」について、既刊3号に亘ってご紹介いたしましたが、今回は遺言の利用を促進するために、法務局での自筆証書遺言に係る遺言書を保管する制度が創設され、自筆証書遺言の方式も緩和されたほか、遺留分制度等の見直しも行われる等、「遺言制度」に関して重要な改正が行われましたので、改正の効果や留意事項等のポイント情報をお届けいたします。
なお、民法(相続法)に関連する改正事項等につきましては、課税上の留意事項等と併せて今後も適時に情報をお届けさせていただく予定です。