information 最新情報
最新情報

「GTMニュース -税務実務-
民法(相続法)の改正~配偶者居住権の基礎知識~」をお届け致します

 

GTMニュース_民法(相続法)の改正~配偶者居住権の基礎知識~

今回の『GTMニュース -税務実務-』では、「民法(相続法)の改正~配偶者居住権の基礎知識~」をお届けいたします。
平成30年の民法(相続法)の改正において配偶者の居住権の長期的な保護を目的とした「配偶者居住権」が定められ、2020年(令和2年)4月1日より施行されました。また、税法においても平成31年度及び令和2年度の税制改正によりその対応が図られたところであり、今後実務においても制度の活用が進んでいくものと思われます。
その際に、前提となる民法(相続法)における制度の要点に加えて、配偶者居住権の評価の基本的な考え方と課税上の留意事項など、制度の理解及び検討に当たりポイントとなる情報をお届けいたします。
なお、民法(相続法)改正事項等につきましては、課税上の留意事項等と併せて今後もその詳細をお届けさせていただく予定です。